家元制の値段の秘密

 

外国人の生徒さんに、名取は50万円かかる、と言ったら
「何故そんなに高いのか?」
と聞かれて、悪い事をしているわけでもないのに、答えられなかったことに端を発し、ここに家元制が批判を受けながらも存続している秘密を解き明かそうと思います。

津軽三味線での家元制は真似事に過ぎない。という批判や、

何故敷居を高くしてしまうのか、

最悪の場合は

「家元制は保守の権化」

とまで言われたことがあります。

家元制は、所属していない人には、非常に非効率的で逆に普及を妨げるものにしか見えないのかもしれませんが、

それでも家元制が普及するのには理由があります。


カルチャーセンター、音楽教室は。

講師配分比率は高くても月謝の4割が普通。 

一番長くやってたところは、貰える金額は悪くないものの、

全く体験レッスンがゼロになり、自宅の方は体験がたくさん来ていたので、退任しました。

生徒はたくさん来ても時給換算800円のところ、

土曜日つぶれて千葉まで行って 交通費さえ出ない 、

とか、音楽教室・カルチャーは大変なところです。

家元制が敷居が高いという「イメージ」から、そういうところに人が集まるワケですが、

カルチャー・音楽教室の日本文化先生はほとんどが「家元制に属している先生」。

別に家元制に所属してる先生だから正座だとか、厳しいワケではなくて、

中身は同じなんです。

単純に「家元制は高い」「厳しい」という 

「イメージ」を壊したことが成功の秘訣でその意味では評価できると思いますが

実際はそういう音楽教室の方が、講師配分分の上に、

広告費やスタッフの人件費、施設代も上乗せされてるので、総額払う分の金額は高いのです。

茶道の家元先生が、「カルチャーセンターは文化の破壊者」

とおっしゃっていましたが、

薄給にあえぎながら、巨大資本による宣伝効果で、頼らざるを得ない状況が、日本文化の中にあるワケです。

芸術というのは、お金をかけないといいものが出来ません。

先生が食えなくて、バイトしてるような業界には誰も入って来ません。



先生がお金が無くて野宿するような業界に誰が入って来るんでしょう。

家元制批判者の中にも武道好きの方がいらっしゃって、気づいていない人も多いようですが、武道は大きいところはたいていが世襲制の創始者一族が、免状を与える制度、つまりは家元制。


私も合気道を13年以上やっていますが、「道主は家元」とはっきり本部師範がおっしゃってました。

武道はグループレッスンなので、6段でも8万程度〜と安くなります。

しかし同じ免状制なのに、芸能だけ批判され、武道は批判されないのは何故でしょうか?

武道は家元制という言葉を使わないから嫌悪感が低いだけで、同じものであることに気づいていないだけなのです。


敷居が高いから普及しないんだ!敷居を低くしよう!

というのは良くある論調ですが、

敷居を低くする→講師、演奏収入の減少→文化の担い手の減少→習う所、演奏家が減る→文化の衰退

音楽教室やカルチャーセンター、 こそが、文化を破壊する要素のあるものであって、家元制は、文化を守っているものである。

という事実に、日本人も気づくべきでしょう。


それでも何故家元制を批判する人

が多いのか。

だったら最初から 入らなければいいではないかと思うわけですが、

それには理由があります。

家元制は優れた先生を沢山生み出してきたわけです。

ですから 「たまたま入ったところが殆ど家元制」

なんです。

中には勘違いする方もいらっしゃり誤解を生む場合もありますが、


それは家元制自体の問題ではなく、個人の性格の問題です。







音楽教室は

「うちの広告費で取った生徒だから、直接連絡しないように」

「自分の生徒さんの発表会等には呼ばないように」と釘を差すところが殆どです。

この先生だから、と、ついてる生徒さんが殆どなのに、、

家元制では、自分の生徒は家元の生徒ではなく、自分の生徒。

音楽教室・カルチャーセンターの方が、

よっぽど独占欲が強く囲い込んでいて、

締め付けが厳しいワケです。

お弟子さんのレッスン料から、

6割以上も中抜きするなんて、

どこの家元制でも聞いた事ありません。


全うな音楽教室でも

6割は運営会社に払っているワケです。


そうです。カルチャーや

音楽教室は教えてもらってもいない事務員の給料や

直接指導とは関係ない待合室などの設備、

他の人を囲い込む為の広告費に

延々と高いお金を払っているようなものです。


家元制を否定して楽器も無料プレゼントという教室では、

結局のところ、どこで収益を上げるかというと、レッスン料を高くするしかなく、



レッスン料が業界一高いです。

(参考月謝 

個人教室 10000円 
音楽教室 13000円 
家元制否定無料プレゼント教室16000円、



免状システムがあることによって、その分を楽器維持費等に回すことが出来、

安いレッスン料を当教室では実現しております。

当教室(家元制所属)
月2回 6000円



カルチャーセンターや音楽教室は雇われ講師の為、短期間で先生が辞めてしまい、変わることが良くあります。

それもデメリットの一つです。




「自由で気楽」 を標ぼうする流派を

超えたコミュニティもありますが、

実際はそういったコミュニティも会の曲を外に出さないのという規則があったり、

さらには私とそういったコミュニティとの関わりをとある場所に書いていたら

「誤解を与えるので削除お願いします。」

と連絡があったこともあります。

私の所属している小山流では楽譜を公刊していますから、

誰が弾いてもいいワケですし、

どの家元先生からも

「ブログのコメントを削除しろ」なんて言われたことはありません。

家元制→敷居が高くて制限がある

流派を超えた→自由で気楽

なんてのはただのイメージで、

むしろそういうコミュニティの方が制限が多いのです。

私は色々な家元制に所属しましたが、家元制においては「先生の名前を汚さぬよう」

ある程度言動に気を付けます。

私もずっと活動していると、

「流派を超えた団体」「所属してない個人」から色々足を引っ張って来ることがありましたが、

何らか流派に所属している方からはそういうことは一切ありませんでした。

家元制の「礼儀」というのは相手に不快な思いをさせない、引いてはそれが自分の為にもなるということなのですが、

それを「面倒で不合理なもの」
として否定する流派を越えた団体は、
一度演奏をお願いしたところ
最初に言った「クライアントとの直接連絡しないでください」という当初の約束も守らない団体でした。

約束を守らないのが

「自由きまま」なのでしょうか。










家元制におけるメリットの具体例を挙げると家元制に置いて「演奏する際にお伺いを立てた方がいいですか?」と

家元先生に聞いたところ

「別にしなくてもいいけど、言ってくれると、お世話になってます。って言えるからね。」

という言葉を頂きました。

家元制における礼儀というのはこのように本来人と人とのつながりを円滑にする為のもので、

何かを規制するものではありません。

家元制からは何ら嫌な思いなどしたことがありません。

 



家元制は、経済学的に言えば、ライセンスビジネスです。

お弟子さんが師範を取れば、名取が出せます。

そうすると三味線で生活するのも少し楽になります。

名を与えるということで、弟子の生活を保障したワケです。

これが無いと、技術は与えるが、

先生は弟子の 生活の保障はしませんので、後は

自分で勝手にやってください、


ある意味無責任とも言えます。

 

家元制を批判して流派を超えた会を作って家元化、という話は

日本文化には良くある話ですし
(茶道 日本茶道学会 、長唄三味線 東音会 箏 沢井箏曲院)

そもそも団体を作ってトップがいる時点で団体のトップは家元と同じ扱いです。




私も合気道を趣味で10年以上やっておりますが、これだけ長く続いたのは

「免状システム」があったからです。

プロになるワケでも無く、大会で賞を取るワケでもなく、そういう方が続くには

やはり免状システムが必要だと考えます。

免状は当会では自由意志ですが、

免状を取らないというのは、

武道で言えば「ずっと白帯」みたいなものです。

 

親の介護でずっと続けたいと思っていた三味線を辞めざるを得なくなった。

という方も沢山いらっしゃいました。

「そんなに金のかかる趣味ならやめろ」と言われたそうです。

しっかり免状を取ってプロとして活動していれば

「仕事です」と言い張れますので

辞めなくて済んだハズです。




コンビニ、ディズニー等ライセンスビジネスは 誰もが消費者として恩恵にあずかっているはずです。

日本文化にかかわる人は「確実に」

家元制の恩恵にあずかっているのです。

家元制に属することによってかかわる人が経済的に豊かになり、

したがってお金を使うばかりでなく稼ぐことができ、習い事を継続できる。そういうシステムなのです。






さぁ、それでも家元制は敷居が高い、お金もかかる 非合理的なものだ、

と思い続けるかどうかは、あなた次第です。

 

おまけ 

友人に

「君は今 、家元?」と聞かれた。

「そんなワケないだろ」

と答えた。

彼はどうやら

「親元に住んでるかどうか」を聞きたかったらしい。 というウソみたいな本当の話。