ワンポイントテクニック
秘伝 上達のための練習法

撥が当たらないけどどうすればいいですか?

A 1小節に区切って 左手の位置と楽譜覚えて右手見て弾けば確実に正確性が増します。


http://www.shamimaster.com/rensyuhou.html
初心者のつまづきやすいワンポイントレッスン
スクイの引っかかる人のために
https://youtu.be/mtDPXkHZe9A
三味線教室の選び方
三味線教室も色々ありますが、 やはり演奏を聴いて「この人に習いたい」と思った人につくのが一番でしょう。
なんとなく三味線がやってみたいという人は、近くて安いのが一番です。ただカルチャーセンターや音楽教室は、
施設や広告費にお金をかけているので、その分月謝が高いか、先生への謝礼を削っています。

やっている内容は同じにも関わらずです。自衛手段として、カルチャーではじょんがら節を
教えず、じょんがら節習いたければ家の方に来て、という先生もいらっしゃいます。 最近台頭しきた大手音楽教室二社は、沖縄三線や、津軽三味線の講師が集まらないので、津軽三味線や三線の教育を受けてないにも関わらず、ピアノや箏、地歌三味線、長唄三味線の先生が独学でやったものを教えています。 出来れば個人教室を選びましょう。
撥で大事なのは右手の親指の位置ですが、これがたいていずれていきます。親指を半分出して肉で引っ掻けるのが良いのですが、
セロハンテープを貼ることによって解決する場合もあります。みなさん是非やってみてください。
かき回し、030、030ですが、初心者には難しいもの。そういう時は、左手の3(ハ)0(ハ)3(ハ)0(ハ)だけ練習して、その後右手の打ちとスクイをやってみましょう。一気にやりやすくなります。後、3のハの場合は近くでハジキ、4のところでははじかないようにしましょう。音が近くではじくと柔らかくなります。
ある程度まで弾けるようになると、「音がつながっていかない」というのを指摘されます。次の音を抑える前に、一瞬早く前の
音の指を離すと、音が消えてしまい、音がつながっていきません。出来るだけ抑えた指は離さず、次の音に移動するようにしましょう。
楽譜の弊害として、挙げられるのが、レッスン中も楽譜を凝視してしまうこと。出来れば楽譜は覚えて、先生の手
を見て真似る。のがベストです。楽譜は始めと、あとの確認用に使いましょう。

?
 
 
 
 
?